ハイドロキノンの化粧品としてプラスナノHQがオススメなのは

ハイドロキノン化粧品には色々ありますが、その中でも「プラスナノHQ」にはハイドロキノン、レスベラトロール、アスタキサンチンを配合していて、お肌の悩みのポイントに集中的に働きかけてくれ、その成分がすっぴん美肌に導いてくれると考えられています。

 

それ以外にもブドウつるエキス、ビタミンA(パルミチン酸レチノール)、ビタミンC(アスコルビン酸)、ビタミンE(酢酸トコフェロール)を配合。

 

さらにハイドロキノン化粧品のプラスナノHQは、W美活セットがあり、初回だけ限定価格でお試し出来るので、あなたの肌に合うかどうかを約1か月、じっくり試すことが出来ます。

 

ハイドロキノン化粧品最新ランキング

 

メール便で送料無料となっております。

 

いつものお手入れの時に、お肌のお悩みポイントにポンッとのせるだけで、あなたの素肌をもっと美しく見せることが出来ると考えられています。

 

W美活セットには、プラスピュアVCという美容液が一緒に入っています。

 

こちらは、お試しサイズで、約1週間分ですが、1本になんとレモン26個分のビタミンCを配合していて、水にも油にも馴染む両親媒性なので、肌の内部にまでしっかり浸透します。

 

肌にもやさしい、防腐剤、鉱物油、高級アルコール、エタノール、合成香料、着色料を使っていないため、安心してお使いいただけます。

 

ハイドロキノンが入った化粧品はいくつかありますが、以下に人気のハイドロキノン化粧品最新ランキングを用意していますので参考にしてみてください。

ハイドロキノン化粧品ランキング

プラスナノHQ

累計販売本数350,000本(2017年9月現在)と多くの人に購入されている人気の商品です。
フェイスクリームランキング2冠達成の快挙!!(楽天ランキング)
いつものお手入れにプラス5秒というお手軽さにもかかわらず、コンシーラーいらずの肌に。
魅せ素肌のお守り、美容ケアクリームで美容通も大注目のハイドロキノン化粧品です。
ハイドロキノン4%配合、レスベラトロール配合、アスタキサンチン配合
あなたの素肌をもっと美しく見せることに良い影響を及ぼしてくれると考えられています。
プラスピュアVC25というピュアビタミンC美容液のおためしサイズ(約1週間分)が付いてきます。

価格 備考 評価
通常販売価格5,400円(税込)のところ

初回だけ限定価格2,980円(税込)

 

メール便送料無料
60%OFF
一住所につき1セット限り

ハイドロキノン,化粧品

セルピュアブライトニングクリスタル

GINGER、美ST(ビスト)、andGIRL(アンドガール)などの人気女性ファッション誌で掲載され人気。
皮膚の専門家が監修したハイドロキノン化粧品
もう隠さなくていい、美しい素肌へ。
肌の悩みを知り尽くした美容皮膚科学の専門家が、厳選された配合成分、配合量を決定し、出来てしまったポイントの悩みに。
純ハイドロキノン5%を配合して、一点の曇りのない素肌へ良い影響を及ぼしてくれると考えられています。

 

価格 備考 評価
4,860円(税込)

合成着色料不使用
鉱物油不使用
合成香料不使用

ハイドロキノン,化粧品

アンプルール ラグジュアリーホワイト コンセントレートHQ110

アンプルールラグジュアリーホワイト コンセントレートHQ110は皮膚の専門家が開発したハイドロキノン入りの美白化粧品です。
気になるシミに特殊ゲルが密着して、集中ケアし、一点の曇もない素肌へ良い影響を及ぼしてくれると考えられています。
夜専用ケアで頑固なシミに狙いを定めて、寝ている間に絶え間なく挑み続けます。
新安定型ハイドロキノンをアンプルールが世界で初めて化粧品に配合ました。
肌への刺激も一気に肌に触れないようにしているので刺激が少ないです。

価格 備考 評価
6,373円(税込) 送料無料 ハイドロキノン,化粧品

ビーグレン QuSomeホワイトクリーム1.9
ビーグレン Qusomeホワイトクリーム1.9は、圧倒的なブライトニング効果を発揮するハイドロキノン化粧品です。

ビーグレン独自の浸透テクノロジーQuSomeとハイドロキノンを融合させて、必要な所にまで成分を届けて、その場所に留まりしっかりと働きかけます。
それにより美白効果を実感するスピードが上昇しているのに、低刺激を実現しました。
さらりと軽い感触で肌に広がり、ベタつかず、肌へなじみます。

価格 備考 評価
6,942円(税込) 送料別 ハイドロキノン,化粧品

プラスソープHQ

プラスソープHQはハイドロキノンを配合した黒い石鹸です。
化粧品ではなく、肌の悩みを洗顔で、すっぴん美肌へ近づけることに良い影響を及ぼしてくれると考えられています。
女性の憧れる、むきたてのゆで卵のような、表面がツルツルでみずみずしい、キメの整った柔らかな卵肌に良い影響を及ぼしてくれると考えられています。

 

価格 備考 評価
メーカ−希望小売価格3,240円(税込)のところ69%OFFの999円(税込)

数量限定!無くなり次第終了
メール便送料無料

ハイドロキノン,化粧品

プラスナノHQがハイドロキノン化粧品としてオススメな理由

プラスキレイ プラスナノHQのハイドロキノン化粧品は、ハイドロキノン4%を配合されている美白クリームです。

 

今、お使いの化粧品を買い換えること無く、化粧品に追加して使うだけで、シミをピンポイントにケアできます。

 

ハイドロキノン化粧品は、使い始めて1週間や2週間では効果を実感しにくいのですが、これはプラスナノHQに限ったことではありません。他のハイドロキノン化粧品でも同様のことが言えます。

 

しかし、プラスキレイ プラスナノHQのハイドロキノン化粧品を2か月も使い続ければ、あなたは効果を実感できることでしょう。
とくに、30代や40代の方のシミが気になる人には。

 

プラスナノHQの効果を実感するために、日焼け止め等の紫外線対策をする、保湿ケアをする、2か月はしっかり試す事が必要になります。

 

プラスナノHQをオススメしたいのは、

 

・1ヶ月分が初回限定価格で申し込める

 

・今だと、44%引きで買える

 

・メール便送料が無料

 

・今なら+2000円でプラスナノHQ2本が42%引きで買える

 

・すぐに使えるポイントを500ポイントもプレゼント

 

となっているので、初めてプラスナノHQを使うあなたにとっては多くのメリットがあります。

 

化粧品の場合は、肌質によって合う、合わないといった相性がありますので、ぜひこのプラスキレイ 
プラスナノHQであなたの肌に合うかどうかを使ってみてはいかがでしょうか?

 

ただし、先程ご紹介した条件(価格など)は、期間限定の可能性があるので、今すぐこちらから最新情報を確認して見てください。

 

プラスナノHQのレビュー

ハイドロキノン化粧品最新ランキング1位のプラスナノHQを実際に使った人達からの口コミ、レビュー感想をご紹介いたします。

 

目元の濃くなってきたシミ薄く!プラスナノHQ

 

目元にシミがあったのですが、だんだん濃くなってきて気になるようになったのでポイント集中ブライトングケア用のクリームのプラスナノHQを使ってみることにしました。

 

ハイドロキノン化粧品最新ランキング

 

ハイドロキノンという成分が入っている化粧品を使用したことがないので、効果がありそうだなって思ったんです。
朝と夜にシミにしっかりと塗ってみたところ、三週間ぐらい経った頃からシミが徐々に薄くなってきたので驚きました。
刺激は全然ありません。

 

テクスチャーは固めかなと思ったのですが、少しでもスーっと伸びていきますね。
浸透力は良いです。
三ヶ月間使用してみた結果、完全には消えませんでしたがメイクをした時にしっかりカバーできるほど薄くなりました。
使って良かったと思います。

 

 

気付いたら、シミが薄く変化していました

 

ハイドロキノン化粧品の中では高濃度だという事で気になって試してみました。
他のハイドロキノン配合の物と同様に注意点はありましたが、
それを守って使ったので特にトラブルなく使う事が出来ています。

 

そして、気になる効果ですが最初の数週間は効果がないなと感じていました。

 

ハイドロキノン化粧品最新ランキング

 

でも、1カ月した時に1か月前のシミを写メしていたので、
比べてみたところ、すごく薄くなっていました。
更に薄くできかけのシミは、ほとんど目立たないように…。

 

毎日、見ていたので気付かなかったようです。
確実にホワイトニングの効果を感じています。
ハイドロキノン配合はちょっと心配もありましたが、プラスナノHQは高評価です。
今後も使い続けて、シミを完全に消し去ろうと思っています。

 

 

刺激が少なく、目の周りにも使えますし、敏感肌でも安心

 

ハイドロキノン化粧品最新ランキング

 

とても良い商品だと思います。

 

以前に、海外製のハイドロキノン化粧品を使ってみましたが、ヒリヒリするのと赤みがひどく使えませんでした。
プラスナノHQは日本製なので、安心して使えました。

 

毎日、使っていて1〜2か月でシミがとっても薄くなりました
完全にシミが消えるかは、分かりませんがしっかりと効果を体感出来たコスメです。

 

クリームも思ったより伸ばしやすくて、コスパも良い商品です。

 

プラスナノHQを何本か使わないと効果は実感できないかも。

 

約1か月使用してみました。
説明には1本で1ヶ月分となっていましたが、シミにピンポイントで使用したので、まだ少し余っています。

 

ハイドロキノン化粧品最新ランキング

 

私には、合っていたのか効果がありました。
シミが確かに薄くなっています
やはり、成分のハイドロキノンがすごいです。
1日目に使った時にうっすらと赤く熱を持った感じになりました。
しかし肌荒れすることはなかったので、夜のみに毎日使用しました。

 

使い続けないと、シミが濃くなりそうと思ったので、続けて使ってみます。

 

 

ハイドロキノン化粧品プラスナノHQを使いはじめて、そろそろ1か月になります。

 

たまに塗るのを忘れる事があっても、ほぼ毎日、朝晩に気になるところに使いました。

 

おかげで、徐々にシミが薄くなってきたと実感出来ます
いつもはファンデーションを塗り、コンシーラーで隠していたところのシミも、コンシーラーで隠さなくても
気にならなくなってきました。

 

ハイドロキノン化粧品最新ランキング

 

1本で効果を感じられたので、追加で2本買いました。
私の肌は、敏感肌なのですが特に問題なく使えました。

 

以下のボタンからプラスナノHQの他の口コミやレビュー、お客様の声もぜひチェックしてみてください。

 

ハイドロキノンとは

美白美容の救世主

 

ハイドロキノンとは「肌の漂白剤」と評されるほど、美白効果が期待できる成分です。

 

美容大国アメリカでは美白成分と言えばハイドロキノンですし、美容皮膚科のシミケアにはハイドロキノンが使用されています。

 

効果が高いため、濃度が高いものは医薬品として市販では購入できません

 

日本では化粧品として使うことが認可されたのも2001年からです。

 

ハイドロキノンとはシミの原因となりメラニン色素の生成を抑制する効果があります。

 

さらに肌の一番奥基底部にあるメラニンを生成するメラノサイトという細胞そのものの減少させ、働きを抑制します。

 

ハイドロキノンとは予防美白だけでなく、すでにできたシミにも効果があります

 

還元作用によって、メラニンを薄くしていくのです。

 

注意点は、ハイドロキノンとは刺激が強いということです。

 

敏感肌や乾燥肌の人が使うとぴりっとした刺激を感じたり、赤みが出たりするなど、肌荒れを起こす可能性があります。

 

そのため濃度が高いものを選ぶ場合や全顔使用のスキンケアを使う場合は、パッチテストをしてから使用する方が良いでしょう

 

さらにハイドロキノンには光毒性があります。

 

メラニンの生成を抑えている肌は非常に紫外線に弱い状態です。

 

塗った後に紫外線を浴びると、肌への刺激が強くなります。

 

ですから、ハイドロキノンを塗った後は、こまめに日焼け止めを塗らなければなりません

 

ハイドロキノン化粧品最新ランキング

 

こまめなUVケアができない場合は、夜だけの使用にとどめるのがベターでしょう。

 

 

ハイドロキノンの効果と副作用

ハイドロキノンの美白成分は、シミ・色素沈着の除去効果があります。

 

他に美白効果のあるアルブチン・アスコルビン酸などより10〜100倍の美白効果があります。

 

現在は、皮膚科・美容整形外科などでハイドロキノンが使用されていて医師が患者のシミをハイドロキノン配合の軟膏やクリームを処方して治療しています。

 

厚生労働省から認可を得ている成分のため、化粧品メーカーでも市販認可されています。

 

そのため、クリニックのハイドロキノンのクリーム処方より化粧品メーカーでも市販のハイドロキノン配合の化粧品が美容成分と一緒に配合されるためスキンケア用に研究し改良されています。

 

その分、効果が化粧品メーカー市販のもの方が良くなってきているのです。

 

ハイドロキノンは、これからできるシミのブロック効果より、今出きているシミに対しての美白に効果を出します。

 

なので、40代50代の方の味方と言えると考えます。

 

エイジングケアにもっともシミの改善効果がみられるのです。

 

ハイドロキノンにも副作用があり、刺激が強い成分なので濃度が高いほど使用・保管方法が難しいのです。

 

そして、空気に触れると酸化しやすい部分がデメリットでもあります。

 

また、ハイドロキノンは光に反応しやすい構造なので、塗った後に紫外線に当たると逆にダメージを受けます

 

ハイドロキノン化粧品最新ランキング

 

そのようにならないよう気を付けなければいけません。

ハイドロキノンと副作用

ハイドロキノンとは、厚生労働省から認可を受けた美白有効成分です。
有名な成分で、シミやニキビ跡の改善に使われます。

 

ハイドロキノンの効果

 

ハイドロキノンには

 

メラニン色素の生成抑制する効果
メラノサイト(メラニン色素を作る指示をだす細胞)の抑制

 

といった効果があります。
その効果の高さから「お肌の漂白剤」とも言われています。

 

ハイドロキノンの副作用

 

効果の高いハイドロキノンですが、副作用もあります。

 

ハイドロキノンの副作用には

 

赤み
かぶれ
白斑

 

といった副作用があります。
また、ハイドロキノンを使用した状態で紫外線を浴びてしまうと逆効果になってしまうことがあるので注意が必要です。

 

ハイドロキノンと一緒に使われるトレチノイン

 

シミやニキビ跡の治療にはハイドロキノンと一緒にトレチノインが使われる場合があります。
ハイドロキノンが「メラニンの生成を抑える」のに対し、
トレチノインはターンオーバーを促して肌を早く生まれ変わらせ、「メラニンを排出する」効果があります。
この2つを一緒に使うことで成分が浸透しやすくなり、効果が高まるとされています。

 

ハイドロキノンを使用する際の注意

 

ハイドロキノンは効果の高い成分ですが、濃度や使用頻度によって副作用がでたり、紫外線によって逆効果になったりするので、十分注意して使う必要があります。
個人輸入で使用せず、医師の指示を受け、用法・容量を守ったうえで使用することをおすすめします。

 

 

ハイドロキノンの使い方と効果

一般的に「シミを目立たなくさせる」とか「シミを予防する」と言っても、化粧品を使用するだけでは限界があります。

 

そこで「ハイドロキノン」を使うことによって、肌のシミが薄くなったという話をよく聞きますので、「ハイドロキノン」の使い方と効果について調べてみたことを書いてみようと思います。

 

美容のセミナーに通った女性の話によると、化粧品は肌の角層までにしか効果がないとのことです。

 

ですから化粧品の使い方を変えたとしても、シミには効果がありません。

 

シミができる原因は、基底層にあります。

 

それは角質よりも下に位置します。

 

確かに化粧品は、肌に足りていない保湿成分の補助剤としては効果があると考えます。

 

ですが既にできてしまっているシミを薄くするための効果は持っていません。

 

ですからシミを早く治すには、本格的なケアが必要となります。

 

そのためには医薬品の使い方が重要なポイントになってきます。

 

そこで美肌に良いと言われる「ハイドロキノン」が登場するわけですね。

 

これは皮膚科でも処方されている医薬品です。

 

口コミで調べてみると、「ハイドロキノン」には賛否両論があるようです。

 

「シミが薄くなった」という人もいれば、「自分には合わなかった」という人もいて意見はいろいろです。

 

ですがどちらかと言えば、効果がなかったという人の方が少ないですね。

 

いきなり「ハイドロキノン」を使って、顔がかぶれてしまったら怖いな、と思う人は、「ハイドロキノン」を含んでいる「ユークロマクリーム」を使用されてみてはと思います。

 

このクリームには4%しか「ハイドロキノン」は含まれていません。

 

使い方としては、シミの部分にだけ乗せるようにして塗ります。

 

その際に注意すべきことは、肌をこすらないように伸ばすことです。

 

塗り終わるとクリームは透明になっていきます。

 

効果は3日くらいで感じられるようです。

 

最後に使い方をまとめますと、「綿棒でシミの部分にだけ使う」「目の周りには塗らないこと」「日中は紫外線を避けること」などになります。

ハイドロキノンは発がん性のリスクが?!

ハイドロキノンという成分の名前を知ったのは最近のことです。

 

名前だけではどういう成分なのかわからないので、さっそく調べてみることにしました。

 

”ハイドロキノン”という言葉で検索し、出てきた記事を読むと美白の効果があるということです。

 

私自身も自分の肌のことが気になってきているので(シミなど)、効果があるなら使ってみたいと思います。

 

けれど気になる情報もあります。

 

ハイドロキノンの副作用です。

 

”発がん性”という言葉も出てきました。

 

いくら肌がきれいに白くなっても、発がん性というリスクを考えると使えません。

 

偶然見つけたかずのすけさんという専門家の方が書かれたブログ記事でも発がん性について触れられています。

 

ハイドロキノンにかぎらず、美白の効果があるという化粧品はだいぶ前からあり、実際に効果があるという体験談もよく読みました。

 

これらの化粧品の成分は知りませんが、もしかしたらこれらの化粧品についても発がん性などの副作用について、注意されていたかもしれません。

 

ハイドロキノンにかぎらず、美白の効果があるという化粧品を使う前には、そのリスクについても前もって調べておいたほうがいいと思いました。

 

発がん性以外にもあるかもしれません。

 

 

ハイドロキノンを使用すると赤みが出るのか?

ハイドロキノンの使用で、赤みやかゆみが出てしまう
ことがあります。
美白効果を謳っているのに赤くなる原因は、副作用です。

 

ハイドロキノンの美白効果は高いだけに、肌に与える刺激も
大きくなります。
高濃度のハイドロキノンを使用した場合ほど、
赤みは出やすくなります。

 

ハイドロキノンによる赤みは、「好転反応」と捉えられる場合が
ほとんどのようです。

 

赤みは、ハイドロキノンの使用を一時中止することで、
次第に引いていきます。通常は肌の様子を伺いつつ、
使用を続けてもよいとされています。

 

使い続けることで、肌は成分に対する耐性がつき、
赤みの出方は減り、シミも薄くなっていきます。

 

しかし、赤みやかゆみが強い場合は、注意が必要です。
アレルギーの可能性もあります。

 

ハイドロキノンの使用を止めても、赤みが改善されず、
かぶれたような状態が続くようであれば、
医師の診察を受けたほうがいいでしょう。

 

敏感肌の人は、濃度の低いものから試された方が
いいようです。

 

ハイドロキノンを安心して使用するには、
まずパッチテストを行い、アレルギー反応による赤みが
起こるかどうか、肌の状態を確認してみることが大切です。

 

なお、酸化したハイドロキノンは、強い毒性のある成分に
変わることがあります。
肌トラブルを起さないために、正しく保存し、
古くならないうちに使用することが重要です。

 

 

 

ハイドロキノンの正しい塗り方は?

 

ハイドロキノンは塗り方に注意が必要です。

 

効果が強いハイドロキノンは、塗り方を間違えると、
肌トラブルに繋がってしまいます。
また、正しく塗ることで、効果も正しく発揮されます。

 

塗る前には、洗顔をして肌を清潔にします。

 

次に、刺激の少ない化粧水や乳液で、スキンケアをしてください。
洗顔後、すぐにハイドロキノンを塗るのは、
効果が出すぎることがあります。

 

化粧水や乳液でのスキンケアが終わった後に、
ハイドロキノンを使います。

 

ハイドロキノンの塗り方は、ケアしたいシミの部分にのみ、
綿棒を使って、乗せるように塗ります。
その際、厚く塗りすぎないようにしてください。

 

ハイドロキノンを塗った肌は、紫外線に弱くなっています。
ハイドロキノンは肌のバリア機能を低くするため、
紫外線を浴びるとシミがさらに濃くなってしまいます。

 

紫外線を避けるためにも、夜の使用をおすすめします。
日中は紫外線対策として、日焼け止めを必ず塗ってください。

 

また、目の周りは皮膚が薄く、刺激を受けやすいので
ハイドロキノンは使用しないでください。

 

シミが改善されたら、すぐに使用をストップしてください。
同じ部分に塗り続けると、肌は弱くなってしまいます。
シミのない部分に塗ると、白斑になることがあるので
くれぐれも気をつけてください。

 

 

 

ハイドロキノンはニキビ跡に効果があるか?

 

ハイドロキノンはニキビ跡に効果があるのでしょうか?

 

どんなニキビ跡にもハイドロキノンが有効なわけではありません。
ハイドロキノンが効くのかどうかは、ニキビ跡の状態によって
違ってきます。

 

ハイドロキノンはシミの元であるメラニン色素を、
抑制し、分解する成分です。

 

ニキビがすっかり治った肌において、シミやくすみなど、
色素沈着した部分には、ハイドロキノンは有効です。

 

ニキビがまだ完治せずに、赤く炎症している部分には、
ハイドロキノンの効果はありません。

 

また、ニキビでできたクレーター状の肌の凹凸を治すには、
ハイドロキノンは全く適していません。

 

また、ニキビができている肌や、赤みのあるニキビ跡に
ハイドロキノンを使用すると、悪化する恐れがあります。
炎症し、ヒリヒリしたり、かぶれが生じたりします。

 

ニキビ跡になるのを防ぐには、ニキビができたらすぐに
治療をすることが大切です。
近年、保険が適応されるニキビ治療のための処方薬も
多くなりました。

 

ニキビ跡にハイドロキノンを使用したい場合には、
医師に相談されることをおすすめします。

 

なお、ハイドロキノンは色素沈着したニキビ跡だけでなく、
そばかすや肝斑、老人性色素斑にも効果があります。

 

いずれにせよ、ハイドロキノンは刺激の強い成分ですので、
使用に際しては注意してくださいね。

 

 

 

ハイドロキノンを妊娠中使って大丈夫か?

 

高濃度のハイドロキノンを妊娠中に使用すると、
副作用が出る恐れがあります。

 

妊娠中・授乳中の方は、是非とも使用を控えてください。

 

低濃度のハイドロキノンであれば妊娠中に使っても、
副作用のリスクは低くなります。
しかし、全く副作用が出ないとは言い切れません。

 

妊娠中の肌はホルモンバランスが安定しないため、ひどく敏感に
なっています。ハイドロキノンは刺激が強い成分ですので、
肌トラブルを起こす可能性は高くなります。
敏感肌の方であれば、なおさらのことでしょう。

 

妊娠中にハイドロキノンを使用する際、何より気になるのは、
胎児への影響だと思います。

 

動物実験においては、高濃度のハイドロキノンの使用で
胎児の奇形が見られたとの報告もあります。

 

低濃度で安全性を謳った商品であっても、不安がある方は、
医師に相談されることをお勧めします。

 

ハイドロキノンを塗った母親の肌に、赤ちゃんが触れて、
口から成分を吸収してしまうことも、ないとは限りません。

 

なお、妊娠中は女性ホルモンの影響で、シミが増えてしまう
ことがあります。
このシミはホルモンが安定してくるとともに、徐々に薄くなって
いくことがほとんどです。

 

卒乳した段階で、ハイドロキノンの使用を開始することが
まず間違いなく安全でしょう。

 

 

 

 

ハイドロキノンは酸化しても使えるのか?

 

ハイドロキノンは酸化しやすい性質を持った成分です。

 

シミやくすみの原因であるメラニン色素を還元させると、
ハイドロキノンは酸化し、茶色く変色してしまいます。

 

還元とは元に戻すという意味であり、メラニンは元々、
無色透明なのです。

 

高濃度のハイドロキノンは、メラニンの還元作用も
高いので、より酸化しやすくなります。
酸化されにくいハイドロキノンは、効果が低いと
言えるでしょう。

 

ハイドロキノンは紫外線によっても酸化が進みます。
活性酸素が発生し、肌に様々なトラブルを引き起こします。

 

日焼け止めを使用せずに、ハイドロキノンを塗った肌を
紫外線に晒せば、メラニンの働きを抑えるどころか、
かえって色素沈着を酷くしてしまいます。

 

ハイドロキノンの酸化は熱によっても起こります。
暖かい場所に置いておけば、酸化は加速していきます。

 

ハイドロキノンの保管は冷暗所に限り、冷蔵庫が最適です。
陽の当たる室内などに放置しないよう、気をつけてください。

 

開封したものは蓋をしっかりと閉め、なるべく早く
使ってしまうことを心掛けてください。
使用期限は通常1〜2カ月となっています。

 

使用期限が過ぎたものは酸化している可能性があります。

 

酸化してしまったハイドロキノンを、勿体ないからと言って
使ったりしないでくださいね、危険ですよ。

 

 

 

ハイドロキノンを使用して毛穴は改善されるか?

 

ハイドロキノンは毛穴のトラブルも改善できるのでしょうか?

 

ハイドロキノンはメラニン色素に働きかける成分です。
改善できるのは、黒ずみやシミです。
ハイドロキノンで開いた毛穴を小さくすることはできません。

 

毛穴の黒ずみの原因が、詰まった角質や皮脂が酸化して
黒くなったものであるなら、ハイドロキノンでの改善は
適していません。
その場合の毛穴は、触るとザラザラしています。

 

毛穴の詰まりはなく、開いた毛穴の影により
黒ずんでみえる場合も、ハイドロキノンではケアできません。

 

ハイドロキノンで改善できる毛穴は、毛穴の皮膚に、
しみや黒ずみができてしまった状態のものです。

 

毛穴の汚れが活性酸素を発生させ、毛穴の細胞を攻撃するため、
細胞を守るためにメラニン色素が生成されます。

 

ターンオーバーが正しく行われていれば、毛穴に色素沈着した
メラニンは、剥がれて落ちていきます。

 

しかし、不規則な生活やストレス・加齢など、なんらかの原因で
ターンオーバーが滞ると、色素沈着したメラニンが溜まった
毛穴となります。

 

ハイドロキノンとともに、ピーリングを行うことで、
毛穴の色素沈着は、より改善できることと思います。

 

しかし、ハイドロキノンは刺激が強い成分ですので、
使用に際しては注意が必要です。
また、新たな黒ずみができないように、紫外線対策は
徹底して行いましょう。